2017年度理事長紹介

原田健一

一般社団法人沼津青年会議所 2017年度 第63代理事長
原田 健一(はらだ けんいち)

基本方針

1.より多様な意見が出る組織となるため  に12名以上の会員拡大

2.市民参画のまちづくりを行う

3.自己の成長の機会を積極的に活用する

戦後から現在に至るまで、我々を取り巻く環境には高度経済成長、バブル経済の崩壊、リーマンショック、携帯電話やインターネットの普及等、多くの変化がありました。そして、沼津市を含むこの地域は、そのような変化を受けながら、現在まで歩みを進めてまいりました。
沼津を含む地域の将来をより明るくするためには、我々を含む地域に住む人々が希望を持つ必要があります。そして、人々が希望を持つためには、今できることを先延ばしにせずに、やるべきことをしっかりと行うことで明日への憂いを断ち、未来を心待ちにすることが必要となります。また、立場や考え方の異なる人々や団体が協働していく過程で、様々な考え方が組み合わさり新たな発見につながり、これが日々の楽しみを生み出すことになっていきます。
現在、我々を取り巻く環境は、刻一刻と変わっています。そのうえで、我々に何ができるのか。伝統を継承しつつ、新しいものを生み出していく。その中で、一人ひとりが自分で考え、このまちをより明るい、希望あふれるまちにしていきます。

2017年度 一般社団法人沼津青年会議所
第63代理事長 原田 健一

ページTOPへ